発達障害っ子の新幹線移動でママ涙

タグ
プロパティ
notion image
 
◆ストーリー
発達障害児の長男5才と、次男0才と、帰省のため新幹線に乗った時の事です。
この日はパパが仕事で、私と子ども達だけでした。
いよいよ下車する駅が近づいてきて、通路に並んだ時…。
あるお子さんが、長男の大好きなキャラクターのおもちゃで遊んでいるのが目に入りました。
「やばい!」と思った瞬間、長男が「あれ欲しいー!降りたくない!︎」と暴れ出し、
通路に座り込んでしまいました。
 
新幹線はホームに到着し、ベルもアナウンスも聞こえます。
私はキャリーケースを手に持っていて、0才児を抱っこしたまま。
暴れる5才児まで抱き抱えるのは不可能で、頭の中が真っ白になり、泣きそうでした。
そのとき、声をかけてくれたのが、サラリーマンと大学生くらいの男性でした。
とっさのことで、何と声を掛けられたのか覚えていませんが、
とにかくホームに出て、サラリーマンにキャリーケースを渡し、若い男性に赤ちゃんを渡し…
私は新幹線に戻って、暴れる5才の息子を、力づくでホームに連れ出しました。
 
お世話になった方々にお礼を伝え、ホッとして涙がつーっと流れたのを覚えています。
この出来事があってから、誰かが困っていたら、声をかけるようにしています。
発達障害児の子育てをしていると、「躾がなってない!」など、白い目で見られることがありますが・・・いろんな子ども達が、一緒に生きている。
そんな世の中で、誰かの役に立てたり、助けて頂いたり。
『おたがいさま』が、たくさんある毎日を、もっと広げたいです。
 
◆審査員コメント
エピソードにあるような状況で、勇気を出して人を頼ることができたこと、またこれからはお互いさまの精神でやっていこうとされていることが素晴らしいなと思います。”人は繋がる”というよりすでに”繋がって”います。それに気づくことや信じることが、知らない人に頼ったり、手を差し伸べたりする一歩になると思います。見知らぬ人にもそういったことができる社会になって欲しいという思いで推薦しました。
 
◆受賞者コメント
この度は、へラルボニー賞、シェアリング賞のW受賞という嬉しいご連絡を頂き、びっくりしつつとても喜んでおります。ありがとうございます。
エピソードにも記載した通り、発達障害っ子である息子との日々にはスムーズにいかないことも多々あります。しかし、一人で抱えるのではなく、ちょっと勇気を出していろんな方々に助けて頂き、そして私も誰かのお役に立てることを出来ることからやってみる!そんな『おたがいさま』のおかげで、今は子ども達3人とワイワイ楽しく過ごしています。
困っていることを隠すのではなく、『おたがいさま』の想いで共有し楽しめる社会を作っていきたいと思います。希望を頂ける賞をありがとうございました。